不動産売却では比較をすることも大切

不動産業者の見極め方

不動産売却を少しでもお得にするために : 不動産業者の見極め方 : まずは査定を依頼し、価格感をつかむことから

何もしないうちから、業者から価格の値下げを提案されたら、売る方もモチベーションは一気に下がることにあんります。
物件の売り出しの時の価格というのは、一般的にも少しだけ高めの設定にしています。
そこから希望者の様子や反応を見ながら、状況によっては価格を下げるケースもあります。
その場合は販売の活動を業者が、一通りやった上での判断です。
やるべきことをやらないで、売れないから値段を下げるという提案をするような業者は、信用には値しないということです。
業者はどこも一緒ではありませんので、依頼をしたからといって、誠実に対応をするとは限らないのです。
物件宣伝の広告を打たないとか、レインズに登録しないなど、依頼主からしたら驚きの事実を、平気でやっている業者もありますので油断はできないです。
何も行動を起こさない仕事をしない業者に限って、この物件は入れないので価格を下げましょうと、プロの顔をして提案をしてくるので、始末に負えません、しかし業者は売却活動において、最低限お行動はやらなければならないはずです。
私たちには宅建業の資格ほどの知識はないにしても、業者たちがやるべき仕事の最低限の知識を備えておくことで、業者や担当を見抜く基礎は付けることになります。
できるだけ高く物件を売るためにも、業者と担当の誠実さと、仕事をしてくれるかというのは、大きな問題になってくるのです。